視力回復の様々な方法

視力回復の様々な方法

視力回復には、「レーシック」や「PRK」といった手術を受ける方法があります。
しかし、手術となれば合併症などが起きるかもしれない不安があるかと思いますし、高額な費用もかかります。
手術をしないですむ視力回復方法も存在します。
「オルソケラトロジー」という視力回復法をご存知でしょうか?
寝ている間に、特殊なカーブを施した視力矯正用のコンタクトレンズを装着することで、角膜の形状を変えて矯正するという治療法です。
コンタクトレンズをはずした後は視力が回復するので、昼間は普通に裸眼で生活することができます。

 

オルソケラトロジーを試した方々の口コミを読みました。
コンタクトレンズといっても、ソフトではなくハードなので、人によって目に入れたときに痛みがあるようです。
しかし、これはコンタクトレンズに慣れている方であれば大丈夫なのではないでしょうか?
また、歯で言えば歯列矯正のようなものなので、眼球の形状が安定するまでに時間がかかります。
モニターを募集しているクリニックもありますので、レーシックなどの手術を受ける前にお試しになるといいかもしれません。

 

その他の方法としては、視力回復用のメガネが販売されています。
「ピンホールメガネ」と言いますが、黒いサングラスのようなもので、表面に無数の「ピンホール(小さな穴)」があいています。
このメガネをかけることにより「ピンホール効果」があり、表面に開いている穴がカメラの絞りのようにピントを合わせて、よく見えるようになります。
長時間のパソコン作業や読書などで目が疲れた時にかけると、目を休めることができます。
ほかの視力回復トレーニング方法と併用してこのメガネを使えば、視力回復に役立ちそうです。