子供の近視について

子供の近視について

子供が近視になる理由ですが、遺伝的な要因と環境的な要因があると言われています。
遺伝的な要因では、「軸性近視(じくせいきんし)」といって、眼球が前後に長いため網膜よりも前方に焦点を結んで近視になる場合があります。
環境的な要因としては、テレビを近くで見ていたり、ゲームを夢中になってやり過ぎるなど、近くを見る生活をおくっている場合に起こります。
ただ、近視の前の段階を「仮性近視」といって、これは一時的なものなので、仮性近視の段階で視力回復トレーニングを行うことで、回復することが可能です。

 

親が注意した方がいいのは、お子さんが近視に気づいていない場合でしょう。
近視は少しずつ進行するので、目が悪くなっていたとしても、それを普通の状態と思っている場合があります。
目を細めて遠くを見ていたり、テレビを近くで見ている場合などは、見えにくくなっていることが考えられます。
近視になると、目が疲れるために教科書などが読みづらく、勉強嫌いになったりもしそうなので、気をつけてあげてください。
子供の視力は、学校の健康診断などでわかります。

 

メガネをかけるタイミングですが、子供は成長過程にあるので、眼球も変化します。
小学校低学年あたりまではメガネをかけさせずに、様子をみた方がよいかもしれません。
眼科医によれば、黒板の字が見えなくなってきたあたりがかけるタイミングであり、視力にすると0.5ぐらいが適しているということです。
お子さんによって、どの程度の視力で不自由になるのかは個人差がありますから、眼科に行き、正確な視力を測った上で、眼科医の判断を仰ぐようにしてください。
また、動きが活発なお子さんの場合は、レンズを割ったり、フレームを壊したりといったこともありがちなので、できるだけ丈夫なメガネをお選びになるとよいでしょう。