視力回復に良い食事と栄養素

視力回復に良い食事と栄養素

視力回復には、ブルーベリーが良いとか、うなぎが良いとか言われます。
しかし、ハッキリとした根拠はありませんし、うなぎなどは値段が高いこともあって、毎日の食生活で食べ続けるのは難しそうです。
視力回復に効果の高い栄養素と、それらがどの食品に含まれているのかを調べてみました。

 

アントシアニン

ブルーベリーの成分として有名なポリフェノールですが、ぶどうやナスなどにも含まれており、あの独特の色素を出す成分です。
毛細血管を保護する働きがあることから、毛細血管が張り巡らされている目に効果があるということです。
ただ、もっともアントシアニンの量が多いのは、北欧産野生種の「ビルベリー」ということなので、スーパーなどで売られているブルーベリーとは差があるかもしれません。

 

ルテイン

ルテインも目に良い成分として注目されていますが、水晶体を光による酸化から守るという成分です。
白内障や加齢黄斑変性症といった眼病は、このルテイン不足からくるものではないかということで、研究が進んでいるようです。
ルテインは、ほうれん草やブロッコリーなどの緑黄色野菜に多く含まれています。

 

タウリン

目の網膜や視神経細胞の中に多く含まれている成分ですが、肝臓の機能を高める働きがあることから、栄養ドリンクなどに配合されています。
タウリンが多く含まれていることで知られているのは、「タコ」です。また、イカ、エビ、牡蠣などの魚介類に多く含まれます。

 

ほかには、目薬などに含まれているビタミンA、ビタミンE、ビタミンB群などの成分も、目に必要な栄養素です。
ビタミンAは豚・牛・鶏などのレバーや緑黄色野菜、ビタミンEは、うなぎ、イカ、エビ、アーモンドやかぼちゃなどに多く含まれている成分です。
また、ビタミンB群は、皮膚や粘膜の健康維持のために不可欠な成分です。ただし、ビタミンAとビタミンEは、脂溶性のビタミンなので水には溶けず、体内に蓄積します。取り過ぎには気をつけてください。
これらの栄養素を食品から取るのが難しい場合は、サプリメントをご利用になるとよいでしょう。